肌トラブルを改善した〜い!

肌トラブルっていろいろ有るんですよね。
大人のにきび、シミやくすみ、毛穴の開き、黒ずみ、しわやたるみ等・・・
お肌トラブル、お肌に関する情報ブログです!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

ニキビのピーリング治療の安全性は?

ニキビピーリング治療、つまり、ケミカルピーリングの安全性はどうなんでしょうね〜。やはり、気になりますよね。このピーリング治療(ケミカルピーリング)って言うのは、1990年頃に日本に伝わり、やっと注目されるようになったニキビ治療法なんですよね。なので、ピーリング治療のついての情報量が、何といっても現状では少ないようなんです。なので、ピーリング治療(ケミカルピーリング)は、安全なのか、危険なのか、って言うのは難しいようです。なぜかって言うと、ピーリング治療(ケミカルピーリング)の薬剤の濃度や治療の時間量など、それに、治療を受けられる方の体調や肌の状態によっても、治療効果と治療後の患部の症状が違うからなんですね。ですが、このピーリング治療は、ニキビの原因である古い角質の剥離を促進して、肌の角化を解消するようなので、にきびケアには効果があるようなんです。でも、にきびの症状の悪化が著しいニキビ肌では、逆効果になる事もあるようなんですよね。それに、にきびの他に、乾燥肌など、極度の肌荒れがまだ治癒していない時には、このケミカルピーリング治療は避ける方が良いようです。いずれにしても、肌の状態やニキビの症状によるので、皮膚科の専門医と良くご相談なさると良いですね。

このピーリング治療では、注意する事があるんですよね。それは、ピーリング剤の濃度とph値、量、つまり、治療時間なんです。実は、ピーリング治療(ケミカルピーリング)によって、剥がれ落ちる古い角質の深さと量は、ピーリング剤の濃度とph値、量(治療時間)などで、違ってくるようなんですね。特に、日本人の肌って言うのは、深層までケミカルピーリングした時に、治療患部が赤くなって、治療前よりも黒ずんでしまった、な〜んて言う報告もあるようなんですよ。なので、これは、よ〜く担当医とも相談なさって決めるのが良いですね。よく注意しないといけませんね、これは。又、ケミカルピーリングは角質を剥がす為、ピーリング後はお肌がとっても敏感になっているんですよね。なので、紫外線を皮膚に浴びやすくなり、シミや皮膚の老化の原因になるので、日焼け止めは必ず塗るようにするのが良いようです。それに、ピーリングを行う事で角質層を剥がしてしまう為、保湿力も低下してしまいます。なので、自分の肌に合った化粧水や乳液でしっかりと保湿する事もお忘れなく。それに、これは大事な事なんですが、ピーリング治療(ケミカルピーリング)は、決して、エステティックサロンではなく、専門の皮膚科で受診するのが良いですね。ニキビのピーリング治療は大人ニキビや背中にきび、それに、ニキビ跡治療にも効果的なようですが、皮膚科の専門医と良くご相談なさってからにして下さいね。

関連記事
にきびのピーリング治療ってどうなの?


にきびのピーリング治療のお話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

にきびのピーリング治療ってどうなの?

にきびピーリング治療って、ご存知でしたでしょうか?聞いた事はあるでしょうね。このピーリング治療って言うのは、正式には、ケミカルピーリングって言うんですね。で、このニキビのピーリング治療がどういう治療かって言うと、フルーツ酸(AHA)を、皮膚に塗布する治療なんです。因みに、AHAとは、オレンジやレモンなどの柑橘類から抽出されるクエン酸、サトウキビやタマネギなどから抽出されるグリコール酸、サワーミルクやヨーグルトから抽出される乳酸、青リンゴから抽出されるリンゴ酸、ブドウや古いワインから抽出される酒石酸などの事なんです。これらのAHAの中でも、ケミカルピーリング基剤の成分として多く用いられているのがグリコール酸と乳酸で、毛穴の詰まりを誘発する古い角質の除去を促進して、肌のターンオーバーを正常化させる治療法なんですね。にきびって、毛穴を詰まらせる皮脂と、紫外線等の外的刺激によって、毛穴の入口付近の皮膚が角化する事が主な原因なんですよね。ピーリングは、それら、ニキビの出来やすい毛穴と、毛穴周辺の環境を保つ為の最適な治療法のようです。それに、このピーリング治療って、毛穴ケアのみならず、美肌や美白などの美容効果も高い肌ケア治療としても有名のようですよ(笑

さて、このピーリング治療の効果ってどうなんでしょうね〜。これは、とっても気になる事ですよね(笑)このピーリング治療って言うのは、ターンオーバーの乱れで、肌から剥がれにくくなっている古〜い角質の除去を促進して、肌の新陳代謝を正常化する効果があるようなんですね。で、代謝力を得た肌は、表皮基底層から新しい細胞が生まれて、色素沈着などで目立つシミやクスミを、全体的に押し上げるんですね。そして、ついには、古い角質と共に剥がれ落ちてしまうようです。このように、ピーリング治療には、肌本来の美しさを取り戻す効果があるんですね。又、このフルーツ酸(AHA)配合のケミカルピーリングには、殺菌効果もあって、ニキビの元であるアクネ菌を死滅させ、そして、毛穴内の炎症を沈静化させるんですね。ピーリング治療は、2〜4週間に一度が理想のようで、ピーリング治療を継続するだけ、美肌効果があるようなんですよ。

ところで、にきび跡(痕)にもピーリング治療は効くのか、気になりますよね(笑)このケミカルピーリングは、にきび跡(痕)にも効果があるようですね。でも、にきび跡(痕)って言うのは、ニキビが悪化し、その炎症で、肌真皮層のコラーゲンやエラスチン繊維組織を破壊された結果なので、基本的には、肌再生能力を失った細胞だと言う事を認識しなければならないんです(汗)問題なのは、コラーゲンの破壊なんです。肌って、コラーゲンによって新しい細胞を生み出し、ターンオーバーを促進するんですよね。この、コラーゲンの機能が死滅してると言う事は、肌自ら、自然と再生する能力を失っている、っていう事と同じ事なんですね〜(汗)で、ピーリングによって、肌の表面に残っている古い角質を剥ぎ落として、皮膚の角化を柔らげるので、にきび跡(痕)と肌の表面との段差が少し解消するので、クレーター状のニキビ跡(痕)を目立たなくする効果があるようですね。いずれにしても、詳細は、専門の美容皮膚科やクリニック等に相談して下さいね。早く、ニキビやにきび跡のお悩みから開放されると良いですね。

関連記事
ニキビのピーリング治療の安全性は?

にきびのピーリング治療のお話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |