肌トラブルを改善した〜い!

肌トラブルっていろいろ有るんですよね。
大人のにきび、シミやくすみ、毛穴の開き、黒ずみ、しわやたるみ等・・・
お肌トラブル、お肌に関する情報ブログです!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

大人にきびって、辛いですよね〜

大人にきびって、出来ると辛いですよね〜。大人にきびは、10代の思春期に出来るにきびに対して、20代以降に出来るにきびの総称で、大人にきびって呼んでるんですね。思春期のにきびは、ホルモンバランスが不安定になって、皮脂が多く分泌されて起こるにきびなんです。皮脂分泌の多い思春期には、主に、額や鼻等のTゾーンに発症するにきびが多いんですよ。

それに対して、大人にきびはって言うと、社会に出た後のストレスやホルモンバランスの崩れ、それに、不規則不摂生な生活や偏った食生活等が主な原因として挙げられるようです。事実、就職後の発生率が上昇している、って言うデータもあるようですね。これにより、お肌の新陳代謝も悪くなり、その結果、毛穴が詰まり、角質が厚くなり、これが大人にきびの原因となってしまうんです。特に、アルコールの飲み過ぎや、油っぽい食事ばかりだと、にきびの原因になりやすいようです。なので、大人にきびは、お酒を飲み過ぎないようにして、規則正しい生活と、バランスの良い食事を心掛けるようにしましょうね。大人にきびは、顎(あご)やフェイスライン、それに、首筋に発症する傾向にあるんですね。又、大人にきびは、思春期に出来るにきびより、治りにくくって、にきび跡(痕)になりやすい、って言う傾向があるようなので注意が必要なんですよね。女性の場合は、化粧をきれいに落とさないと、これも大人にきびの原因のひとつなんですよ。ですから、きれいに、しっかり汚れを落とす洗顔を、ネェ!そして、お肌の乾燥も新陳代謝を妨げ、大人にきびの原因になるので、保湿もしっかりやりましょうね〜(笑)大人にきびは出来ると辛いんですが、先ずは洗顔や規則正しい生活から見直していく事が必要かもしれませんね。

関連記事
大人にきびの治療って、どうするの?
大人にきびの改善法や対策は?
大人にきびってどこに出来るの?

大人にきびのお話 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

乾燥肌なのに、なぜニキビが出来るの?

乾燥肌なのに、なぜニキビが出来るんでしょうね〜(笑)どうしてなの?って言う方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、乾燥肌なのに、にきびが出来やすい、っていう方もいるんですよね。いわゆる、大人のニキビに多い肌タイプなんですね。これはなぜかというと、分泌する皮脂の量に比べて毛穴が小さいか、又は、毛穴が目詰まりしやすい為のようなんです。仮に、皮脂量が多くても、毛穴が大きくっても、皮脂の排出がスムーズならば詰まる事はないんですよね。例えば、女性に比べて男性は皮脂量が2.5倍も多いと言われているんです。なのに、男性全員ににきびが出来るかと言ったら、そんな事はないんですよね〜(笑)これは、男性の方が毛穴白体のサイズも大きいので、皮脂がスムーズに排出されていくからなんですね。

乾燥肌とか肌質に関係なく、同じ方の顔の中でも、皮脂腺の多い部分と少ない部分とがあるんです。例えば、鼻筋から頬にかけては皮脂腺が多くって、皮脂の分泌も激しい部分なんですね。普通に考えたら、額や県筋にニキビが集中するはずなんです。ところが、この部分にひどいニキビが集中するケースは、殆ど無いようなんですね。それよりも、頬やあご、フェイスラインといった部分にニキビが集中する傾向があるようなんです。これはなぜなんでしょう?それは、皮脂の分泌が盛んな部分の毛穴は大きくなり、皮脂の排出が速やかに行われるからのようです。これは、先ほどの男性の毛穴と同じ事が言えるんですね。頬やあご、こめかみといった本来皮脂の少ない部分は、当然、毛穴のサイズも小さくなるんです。そこに一時的にでも過剰な皮脂が分泌されると、毛穴が目詰まりを起こしてニキビを発症してしまうようなんですね。はんとにニキビって厄介なものです。なので、乾燥肌だからって、安心をしていられませんね。にきび、くれぐれもお大事になさって下さいね〜

>>乾燥肌でニキビにお悩みなら楽天で♪

乾燥肌のにきびのお話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ニキビのピーリング治療の安全性は?

ニキビピーリング治療、つまり、ケミカルピーリングの安全性はどうなんでしょうね〜。やはり、気になりますよね。このピーリング治療(ケミカルピーリング)って言うのは、1990年頃に日本に伝わり、やっと注目されるようになったニキビ治療法なんですよね。なので、ピーリング治療のついての情報量が、何といっても現状では少ないようなんです。なので、ピーリング治療(ケミカルピーリング)は、安全なのか、危険なのか、って言うのは難しいようです。なぜかって言うと、ピーリング治療(ケミカルピーリング)の薬剤の濃度や治療の時間量など、それに、治療を受けられる方の体調や肌の状態によっても、治療効果と治療後の患部の症状が違うからなんですね。ですが、このピーリング治療は、ニキビの原因である古い角質の剥離を促進して、肌の角化を解消するようなので、にきびケアには効果があるようなんです。でも、にきびの症状の悪化が著しいニキビ肌では、逆効果になる事もあるようなんですよね。それに、にきびの他に、乾燥肌など、極度の肌荒れがまだ治癒していない時には、このケミカルピーリング治療は避ける方が良いようです。いずれにしても、肌の状態やニキビの症状によるので、皮膚科の専門医と良くご相談なさると良いですね。

このピーリング治療では、注意する事があるんですよね。それは、ピーリング剤の濃度とph値、量、つまり、治療時間なんです。実は、ピーリング治療(ケミカルピーリング)によって、剥がれ落ちる古い角質の深さと量は、ピーリング剤の濃度とph値、量(治療時間)などで、違ってくるようなんですね。特に、日本人の肌って言うのは、深層までケミカルピーリングした時に、治療患部が赤くなって、治療前よりも黒ずんでしまった、な〜んて言う報告もあるようなんですよ。なので、これは、よ〜く担当医とも相談なさって決めるのが良いですね。よく注意しないといけませんね、これは。又、ケミカルピーリングは角質を剥がす為、ピーリング後はお肌がとっても敏感になっているんですよね。なので、紫外線を皮膚に浴びやすくなり、シミや皮膚の老化の原因になるので、日焼け止めは必ず塗るようにするのが良いようです。それに、ピーリングを行う事で角質層を剥がしてしまう為、保湿力も低下してしまいます。なので、自分の肌に合った化粧水や乳液でしっかりと保湿する事もお忘れなく。それに、これは大事な事なんですが、ピーリング治療(ケミカルピーリング)は、決して、エステティックサロンではなく、専門の皮膚科で受診するのが良いですね。ニキビのピーリング治療は大人ニキビや背中にきび、それに、ニキビ跡治療にも効果的なようですが、皮膚科の専門医と良くご相談なさってからにして下さいね。

関連記事
にきびのピーリング治療ってどうなの?


にきびのピーリング治療のお話 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |